思ってること、
感情を音に載せて
綴ってます***
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
<< XX | main | no title >>
 
初めて知った
人に愛されるって
こんなに幸せなこと

君が教えてくれた
小さなあたしを
いつも包んでくれた

日々の中で
君がいること
もう当たり前になっていて

ふとした時間も
君がいつも心にいて


いなくなること
考えないようにしてた
きっとまだ
先の話だって


もう言えないの
君への気持ち
心の中で問いかけても
伝えられないの

こんなに好きなのに
こんなに君がいなきゃだめなのに


この気持ちが君を縛って
この気持ちが




求めあったのに
やっぱりあたしは
君の特別にはなれなくて
どこかで望んだ淡い期待も
奇跡にはならなかった

選んでもらいたかった
でもそれは不幸への道となることを
君は知ってる

あたしたちが求めあっても
誰も幸せになれない
こんなに好きなのに

永遠なんてないと
君は言うけれど
もし永遠の気持ちを
持ち続けられたら
君はどんな顔をするだろう

君が映すあたしが
君の見ているあたしなのだと

君の前ではかわいくいようと
悲しくても
苦しくても
この時間がずっとずっと
続けばいいと

君のレンズ越しに
07:59 language - -
スポンサーサイト
07:59 - - -